是非堪能したいのが料理

40-09

最低限のマナーとしまして、サービスを受けた際にはチップを支払う事は覚えておこう。アメリカやヨーロッパへの海外旅行の際、レストランに入る時にはチップを用意しておく必要があげられます。

世界各国、その国ならではの文化があるが、それが一番はっきりと現れているのは、食事です。チップの基礎知識も、できるだけ事前に学んでおこう。

その食事を楽しむ事は、その国の文化に触れるという事でもあるのです。ただし、海外での食事は、日本とは異なるマナーがあげられます。

チップ以外にも、レディーファーストや食事中に音を立てない、ワインはウエイターが注ぐのを待つなど、マナーの基礎知識はある程度頭に入れておくようにしよう。その国の食事の基礎知識を予習しておき、食べちゃったい物をロックオンしておくこと。

そういう意味合いしかし、海外旅行の際にはその国ならではの食事を楽しまないともったいないそのためね。外国へ足を運んだ際に、是非堪能やりたいのが料理です。

別に最大の違いとなるのは、チップですよね。ただ、国によっては支払う必要がない場合、最初から勘定にチップが含まれる場合があるため、どの国に如何にいうなマナーがあるでしょうか、あらかじめ調べておくと極上でしょう。